【奇珍】横浜 子連れランチ これぞキングオブ町中華!

子連れグルメ

横浜には本当にたくさんの中華屋があります。
中華街あるしね。と、言われたりもしますが、そうではなくて。

いわゆる、町の中華屋さん。

町中華なんて呼び方も最近はあるみたいですね。

ノスタルジー漂う、ちょっぴり入りにくいオーラが出ちゃってるやつ。
店員さんが全員中国の方、なんてこともザラにあります。
たまにタメ口全開の人もいらっしゃいますが、それも味です。

ご愛嬌。

そんな横浜のまち中華の中でもレジェンド的な存在のお店、奇珍。
本名は奇珍樓。
同じお店です。
地元の人は奇珍と呼んでます。

創業なんと100年越え。

すげーー。

店構えから。

もう歴史と美味しさが滲み出ちゃってますね。

この雰囲気。

若い方はちょっと入りづらいような…。

でも、一歩店内に入ってしまえば、もう大丈夫!

老舗のお店にごく稀にあるような、ツンとした感じやちょっと高圧的な接客態度とか一切ありません。

子供が居ても、嫌な顔もされません。

むしろ優しい。

地図はこの記事の最後で。

メニュー

こんな感じ。

素敵。

余計なものが一切ないですね。

そして値段。

今どき、この値段でラーメン食べられますか?

コスパ最高。そりゃ行列も出来ます。

名物タケノコそば

奇珍といえば、このタケノコそば!

というファンも多いのではないでしょうか?

名物です。

メンマって何から作られてるの?

という方、これを食べれば一発で分かりますよ笑

こんなでかいメンマ見たことないです。

ほんのり甘くてどこか懐かしい味がします。

よくある、しなびたメンマの特有の臭い、あれが全くありません。

麺は超極細麺!

これがまた美味い。

スルスルっと食べられちゃいます。

スープもシンプルだけどしっかり深みもあって、言うことありません。

シュウマイは必須

恐らく9割くらいのお客さんが頼んでるんじゃないか?

という感じの看板商品。

若干小ぶりですが、5つ入り。

手作り!

店内、というか隣の席で作ってました笑

こういうとこが良いんですよね、横浜は。

五目焼きそば

竹の子そばと肩を並べる名物。

具がたっぷり入ってます。

錦糸卵がいい感じにレトロ感です。

奇珍の五目やきそばはほんのり甘いんですよ。

独特のお味。

でも嫌な甘さじゃないです。

辛子やお酢との相性も良いんですよ。

ピンクのチャーハン

初めて見るとギョッとしますが笑

全然なんてことないです。

着色料でしょうかね、焼豚の。

こちらも具がたっぷり入っています。

そしてこちらも甘みがあります。

焼豚やなるとがたっぷり入ってますので、その甘みかな。
美味いです。
パラっとし過ぎてない。

チャーハンですが、平皿ではなくお椀に入ってます。

なので、ちょっと少ない?と思われるかと思いますが、全然そんなことありません!

お腹いっぱいになります。

僕は自分の竹の子そばと子供が残した⅓の純情なチャーハンでお腹パンパンマンです。

ご注文の際は十分お気をつけて。

持ち帰り可能

ラーメンは出来ないですが、チャーハンや焼きそばは持ち帰り出来ます!

食事の注文をするときに一緒に頼んでおけば、作っておいてくれて、待たずに帰る際に受け取れます。

シュウマイや揚げワンタンも人気のお持ち帰り品でそちらをお土産にされる方も多くいらっしゃいますね。

親子三代で満足できるお店

お子さんを連れて行けるだけではありません。

おじいちゃんおばあちゃんも是非連れて行ってあげてください!

このお店のことを知らない方でも、とても懐かしい気分に浸れて喜ばれるんじゃないかなと思います。

横浜へ観光にいらした方には、横浜らしさを感じてもらえるとても味のあるお店です。

駐車場はありません。
が、ランチタイムでしたらお店の前の道路の一部が路上駐車OKに。
コインパーキングもすぐそばにあります。

支払いは現金のみ。

オムツ替えの場所、お子様メニューは無し。
定休日もありますので事前にチェックを。

地図はこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました